ハクビシンの駆除|被害拡大をさせないためにイタチ退治してもらう

被害拡大をさせないためにイタチ退治してもらう

ハクビシンの駆除

ハクビシン

ハクビシンとはジャコウネコ科に属する動物で、その名の通りに額から鼻にかけて白いラインがあるのが特徴です。中国大陸の南部を中心として東南アジアや南アジア、台湾等に生息している事が確認されています。日本国内においても東日本や四国を中心に存在が確認されていて、中には北海道で確認されたケースもあります。ハクビシンはちょうどネコに似た姿をしていて、体長は65センチ程度で40センチ程の長い尾を持っています。エサに関しては基本的に何でも食べる雑食性で、果実等の植物や小動物、動物の卵等を食べる事が多いとされています。中でも果実や野菜は特に好物だと言われていて、畑の作物等が荒らされる事も珍しくないです。一度でも畑等を見付けてしまうと何度も通ってくる事が多く、被害が拡大してしまうケースもあるので注意する必要があります。

前述したようにハクビシンは人間に被害を与えるあるため、存在を確認したら適切な方法でハクビシン駆除を行うのが望ましいです。また基本的に10年程度は生きると言われており、放置期間が長くなると数がどんどんと増える可能性もあります。そのため駆除が難しくなるほど増える前に、出来るだけ早くハクビシン駆除を行う必要があると言えます。具体的なハクビシン駆除の方法に関しては捕獲という方法が一般的で、専用の道具を使って捕まえて駆除を行います。それ以外にもハクビシンが嫌がる超音波を聞かせたり、専用の忌避剤を用いるといった方法もあります。ハクビシンは頭の良い動物なので嫌な思いをした所には近づかなくなるため、こうした忌避剤等もハクビシン駆除に効果的です。

Copyright © 2017 被害拡大をさせないためにイタチ退治してもらう All Rights Reserved.