被害拡大をさせないためにイタチ退治してもらう

ハクビシンの駆除

ハクビシン

ジャコウネコ科の動物であるハクビシンの特徴は、ちょうどネコに似た姿で額から鼻にかけて白いラインがあります。ハクビシンは雑食性ですが特に果実や野菜を好むので、畑の作物に被害が出る前に適切な方法でハクビシン駆除を行うのが望ましいと言えます。

もっと見る

見つけたときの対処

鼠

ネズミ駆除は専門業者に処理を委託するほうが早く実施でき、確実な効果が期待される。駆除には委託料金が必要となるが、家屋に対する損害などを考慮すれば、決して高いものではないと思われる。委託に際し、駆除のみならず侵入防止対策まで実施できれば、再発防止策として有効と考えられる。

もっと見る

追い出すだけでなく

鼬

清掃と補修作業も

住宅でのイタチの退治において大事なのは、一に追い出すこと、二に糞などの後始末、そして三に再被害の発生防止とされています。というのもイタチを追い出しても、糞が残っていては、その匂いやシミによる被害が持続することになるからです。また、イタチが再びやってくれば、糞がさらに増えることになるので、それも防ぐ必要があるのです。そのためイタチ退治は、害獣駆除業者に任されることがほとんどです。害獣駆除業者なら、イタチを追い出すのはもちろんですが、その場所の清掃や消毒もしっかりとおこなってくれます。またイタチは壁の亀裂などからでも屋内に入ってくるので、害獣駆除業者はそれを防ぐために、退治に加えて亀裂の補修作業もおこなうのです。

出産で増える前に

食糧の確保などのために行動するのは、基本的にはオスのみで、メスは巣穴で、オスが運んできた食糧を食べながら生活します。そしてオスは、通常は1匹が複数のメスと交尾し、メスはそれぞれ一度に5匹ほどの子供を出産します。10匹ほど出産することもあり、もちろんその子供たちは、成長後それぞれ交尾することになります。出産は1年に1〜2回となっているので、退治はその前におこなうことが大事です。放置する期間が長ければ長いほど、出産により数がどんどん増え、その分退治や清掃などが困難になるからです。逆に、オスが単独で行動している間なら、比較的スムーズに退治できると言えます。オスが退治されれば、メスは食糧を得ることも交尾することもできなくなるので、出産数が減ることになります。

状態を確認しよう

ハチの巣

蜂の巣の駆除は、できるだけ小さいうちに行いましょう。その方が簡単に退治できるからです。気づいた時点で行います。大きくなってしまった場合には、専門業者に依頼しましょう。確実に安全に退治してくれます。業者の比較も大切です。

もっと見る

Copyright © 2017 被害拡大をさせないためにイタチ退治してもらう All Rights Reserved.